2021中山記念

80年以上やってる重賞 春の中山の名物レース

2017年にG1になった大阪杯の前哨戦レースとなっている。

コース

コースは中山競馬場 芝1800m 内回り

ホームストレッチからスタート1コーナーまで200mほどしかなく先行馬に有利なコースかなととれる。

データから予想する

単勝1~3で過去10年勝利を取っている。

人気を気にして勝利を予想していきたい。

4歳、5歳を中心に3連帯が構成されやすい傾向にあるようだ。

前走G1の勝率連帯率のよさかなりの高データになっている。

牝馬の成績が振るわない傾向があるようなのでそこも予想に考慮したい

本命予想

データからみると

7)バビット

7.8 – 4.7.8.11 – 1.4.7.8.11

固くなりそうなので穴はやらない!

よい週末を!

関連記事

  1. マイルチャンピオンシップ2020

  2. 2021フェアリーステークス

  3. ディリー杯クイーンズCUP

  4. 日本ダービー

  5. 2021 皐月賞

  6. 東京新聞杯2021

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。